スカイワード
コーチング・イメージ
COACHING
COACHING
コーチングとは?

COACHING FLOW
コーチング・フロー

COACH
コーチのご紹介
Last Up Data:07/03/20
COACH
寺崎光宣
寺 崎 光 宣
Terasaki Mitsunobu
日本コーチ協会会員
日本コーチ岡山チャプター代表
岡山県産業振興財団登録専門家
電力会社技術職を経て、平成17年4月1日に有限会社SKYWARDを設立。代表取締役に就任。
【ご挨拶】
空に向かって前向きに人生をおくるサポートをしたいという思いからスカイワードという社名をつけました。
私のミッションは、私と出逢う人々に感動を与え続けていくことです。
そして自分達も感動を感じながら、それぞれの人生を精一杯生きることで、人々に貢献していきたいと心新たに決意しているところです。 貢献と一口に言いましても多くの方法があると思います。
その一つの力になれる能力と人材をスカイワードが提供できるよう発展させていきたいと考えております。


井上安立
井 上 安 立
Inoue Yasuharu
(財)生涯学習開発財団認定コーチ
日本コーチ協会会員
日本能率協会マネジメントセンター講師
岡山県産業振興財団登録専門家
鉄道会社、コンサルティング会社を経て、SKAYWARDに参加。
【専門分野】
組織変革、事業継承、プロジェクトプロデュース





COACH POLICY
私たちコーチには、守秘義務があります。どんな事でも安心してお話しください。
また、コーチとクライアントは対等な立場であり、相性もあります。コーチングを始められてから他のコーチとも話してみたいと感じられたらお気軽にご相談ください。責任を持ってコーチを紹介させていただきます。
私たちコーチは、クライアントのサポートが出来る事が最高の幸せなのです。
COACHING
上枠
『コーチング』という言葉を耳にしたことはありますか?『コーチ』という人と会ったことはあるでしょうか?何か好きなプロスポーツがある人はそのスポーツ選手やチームの記事の中にこの言葉を見つけることがあるかもしれません。また、ビジネスの中でこの言葉を聞いたという人もいるでしょう。もしかしたら、もうコーチに会ってコーチングを体験したという人もいるかもしれません。

昨今の環境の変化は激しく、企業や組織ではそこで働く人たちの価値観が大きく変化し、従来の画一的な教育やマネジメントではこの急激な変化に対応した人材の育成が難しい状況になっています。創造力があり自発的に行動できる人材の育成。今、そのための教育やマネジメントの変革が求められているのです。

しかし、一口に変革と言ってもクライアントによって方向も方法もそれぞれ異なります。企業の経営者や役員・管理職、組織のマネージャーなどのエグゼクティブ、チーム・グループのリーダーやそこで働くスタッフ、単身赴任があったり成果が求められるビジネスマン、その多種多様な職種・形態にとらわれずクライアントと向き合って目標に向かい会話を広げひらめきを促進する人、それがコーチです。

コーチとしての能力はその人が今まで培ってきた実績で測れるものではなく、クライアントが自身の内側にあるアイデアに気づき、そのアイデアを発展させるためのアイデアを見つけ出すサポートとして、より自由に発想しアイデアを具体化する為のコミュニケーションを創り出すことがどれだけ出来るかによるのです。

そして、そのコーチが行うコーチングとは、カウンセラーが分析し助言を行うカウンセリングやコンサルタントが計画立案し指導するコンサルティングと同じ位置にある効果的な1つの手段、一方通行ではない双方向のコミュニケーション・プロセスなのです。
表組
下枠
FLOW
上枠
コーチングには、様々な形態と流れがあります。
個人が外部スタッフとして雇うパーソナルコーチング、スタッフ研修の一環としてのコーポレートコーチング、コーチング技術を学ぶコーチングトレーニングなど、おおまかな枠組みの中、一般的には遠方でも対応できる電話を使い、必要があれば面談して、更にインターネットを利用し世界各地でも、コーチングはお互いの居る場所にかかわらず行われています。

また、コーチングには特別な資料は必要ありません。ただ会話をする。そして、その会話の中からできるだけ多くの事実を引き出し、クライアントに目標を達成する知識・技術・能力を身につける術を自分のものとしてもらう、そのための道筋(フロー)を創りクライアントとともに未来に向かって歩むパートナー、それが私たちコーチの役目なのです。
フロー図
下枠